FP 個別資格

FP2級のおすすめ&安い勉強法2選・独学3ヶ月で合格【実体験】

2021年7月27日

FP2級勉強方法

悩む人
fp2級を取ることに決めた!どうやって勉強しよう?
.

FP2級は年間20万人弱が受験しているとても人気の高い資格です。

そのため、テキスト、講座、アプリなど勉強方法がたくさんあります。

勉強方法のがたくさんあるとどれがいいのかわからないですよね。



そこで、FP2級を一発で合格している筆者がおすすめのFP2級の勉強方法を解説していきます。



結論:オンスク&過去問で勉強するのが一番効率いい&安い。

記事の信頼性

  • 筆者は証券アナリスト、FP2級などの難関資格、その他10以上の資格保持者。
  • 紙の参考書・アプリ・講座などのさまざまな方法で資格の勉強経験あり。
  • ブラックな企業に務めながら難関資格に合格しているため、合格に直結する効率的な勉強が得意。


FP2級のおすすめ勉強法・2選

FP2級は出題範囲が広く、ひっかけ問題が出題されますが、過去問をしっかり解けるようにすれば合格することができます。

FP3級を受けたことがある人は、FP3級の3倍の勉強時間が必要になると考えてください。


おすすめの勉強方法は2つあります。

  1. 超おすすめオンスク・過去問
    ⇒最安値で勉強したい人・忙しい人・効率よく勉強したい人向き
    ⇒総費用:月額1,078円または月額1,628円

  2. 教科書問題集(みんなが欲しかった!シリーズ)・過去問
    ⇒きんざいで受験する人・慎重に勉強したい人向き
    ⇒総費用:4,070円(教科書2,090円、問題集1,980円)



筆者は1.の方法でFP2級に合格しました。

FP2級に合格するためには、どれだけたくさん過去問を解くかがポイントになります。

オンスクや問題集の問題をまずはこなして、過去問をひたすら解くことをおすすめします。




FP技能検定の解説やFP2級の勉強時間・試験日程については次の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
fp2勉強時間
【FP2級まとめ】日程・勉強時間・申し込み・合格率・難易度

悩む人FP2級に挑戦したい!どれくらい難しいのかな? FP2級は年間20万人が受験しているとても人気な資格で、認知度がとても高く、就活や転職で有利といわれています。 この記事ではFP2級を受ける人が知 ...

続きを見る

あわせて読みたい
ファイナンシャルプランナーってなに
FP3級の内容は?難しいの?取得をおすすめする5つの理由

FP技能検定という資格を聞いたことある人は多いのではないでしょうか。 「金融に関する(ファイナンシャル)企画者(プランナー)」という名前だけ見ると、お堅くて難しそうな印象を受けると思います。 筆者もF ...

続きを見る


1.オンスクを使ってFP2級に合格する勉強法

筆者が一番おすすめする効率いい&安い勉強方法は「オンスク+過去問」の組み合わせです。

オンスクは月額料金 1,078 円または1,628円で受講できる勉強のサブスクです。

スマホやパソコンでFP2級の講義の視聴と問題演習ができます。



オンスクで勉強しながら公式サイトに掲載されている過去問を解けば合格を狙います

筆者はオンスクのスタンダードプラン(1,628円)と過去問でFP2を一発合格しています。



テキストを購入する場合は教科書・問題集あわせて約4,000円かかるので、2か月で解約する場合、オンスクで勉強するほうが確実に安いです。

また、スマホいつでもどこでも勉強できるため効率的です。



以下について詳しく解説していきます。

  • 過去問の入手方法
  • オンスクってなに?
  • オンスク&過去問を使った勉強手順

オンスク公式サイト


過去問の入手方法

FP3級を受験する際に、オンスクまたはテキストどちらで勉強する場合も、過去問を解くのは必須です。

過去問は日本FP協会かきんざいの公式サイトから過去10回分以上の過去問および解答がダウンロードできます。

公式サイトから印刷して、最低でも直近7回分は解くようにしてください

公式サイトには解説がのっていませんが、「FP2級ドットコム」さんのサイトでは過去8年分の過去問の解説が無料でみれるので、そちらを参考にしてください。



筆者はFP2級に合格した際に、学科10回分・実技5回分の過去問を解きました。


オンスクってなに?

オンスクは超大手「資格の学校TAC」のグループ会社「オンラインスクール」が運営しているサービスです。

TACが30年以上培ってきたノウハウがオンスクに備わっているので、会社の安全性も、資格のノウハウも高いといえます。

オンスクは月額料金の1,078円または1,628円で50以上の資格の講義の視聴&問題演習ができます。

FP2級の講義は12.5時間、問題は450問収録されています。


オンスクに対応しているFP2級の実技試験は「資産設計提案業務」になる点注意が必要です。


オンスクについて次の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
FPオンスク
【オンスク評判・口コミ】実際に感じたデメリットも正直レビュー。【オンスクでFPに合格】

悩む人オンスクは資格の勉強を安くできるって聞いた!本当にいいの? オンスクはFPや簿記など50以上の資格の講義動画の視聴や問題演習が月額1,078円から受けられるサブスクです。 これだけで資格に合格で ...

続きを見る



オンスクの月額料金の違いは何?

オンスク の月額1,078円のライトプランと1,628円のスタンダードプランにはいくつか違いがありますが、一番の違いはスタンダードプランには問題演習の復習機能のがついていることです。

間違えた問題をまとめて反復できるので勉強がかなり効率的にできるので、スタンダードプランをおすすめします。

筆者がFP2級をオンスクで合格したときは、スタンダードプランで勉強しました。


ウケホーダイ・ライトウケホーダイ・スタンダード
月額料金980円
(税込1,078円)
1,480円
(税込1,628円)
学習管理機能
講義視聴
講義音声 ダウンロード
講義動画のキーワード検索機能
講義スライド ダウンロード
問題演習(初級・中級・上級)
問題演習 復習機能
みんなの学習ノート閲覧・マイノート投稿
マイノート投稿のみ
みんなの学習相談
学習カルテ



オンスクのメリット・デメリット

オンスクのメリットは次の通りです。

ポイント

  • 教科書・問題集を買う必要がない。
  • 2か月以内に解約すればテキストを購入するより安い
  • FP2級の問題は450問も収録されていて、かなり勉強になる。
  • スマホやPCで勉強できるので、スキマ時間などでも勉強できる。




オンスクのデメリットは次の通りです。正直どれもたいしたデメリットではありません。

ポイント

  • 紙での勉強を好む場合は適さない。
    →公式サイトからダウンロードする過去問は紙で解いて、外出時の勉強にオンスクを使うと効率的。
  • 長期間勉強する場合は月額料金がかさむ
    →2ヶ月で解約すれば、テキストを買うより安く勉強できる。



オンスク公式サイト


オンスク&過去問を使った勉強手順

最初の3週間は講義を聴きつつオンスクの問題演習を解き、4週間目以降は主に過去問を解いて外出時にオンスクの問題演習をこなすことをおすすめします。

FP2級は出題範囲が多く、ひっかけ問題も多いので、過去問をたくさん解いて質問に慣れることが重要です。

最初の3週間でやること

次の2つを行います。

  • オンスクの問題演習を解く。
  • 通勤時間等スキマ時間に講義を視聴する。



「講義を視聴」→「問題演習を解く」という順番を意識して勉強する必要はありません。

FP2級は最初の数十問は正誤問題ですし、感覚で解ける問題もあります。

問題演習を解きながら時間があるときに講義を視聴するので問題ないので、時間があれば問題演習を解いてください。


できるだけ早く過去問での勉強に移るために、最初の3週間でオンスクの問題演習を5周することを心掛けてほしいので、一日100問ほど解くようにしてください。

100問と聞くと多いですが、選択式の問題なので一日1、2時間の勉強で達成することができます。



4週目以降にやること

次の2つを行います。

  • 主に過去問を解く。
  • 外出時にはオンスクの問題演習を解く。


公式サイトから印刷できる過去問をひたすら解いてください。

学科試験・実技試験ともに過去問を7回分は解くことをおすすめします。

解けない部分はオンスクの講義を見返して、理解を深めていきましょう。



また、外出時やスキマ時間はオンスクの問題演習をひたすら解いてください。

この時に、できなかった問題を保存できる復習機能があると効率よく勉強できるので、スタンダードプランをおすすめします。



FP3級の合格点は60点なので、過去問で75点程度をコンスタントに取れるようになれば合格は固いです。

(参考)オンスクの解約時期

オンスクの問題演習を何周も解き終わっている場合は、試験日前でも解約することをおすすめします。

FP2級の試験直前は過去問を解くことが勉強の中心になってくるので、月額料金のかかるオンスクを契約しておくのはもったいないです。

ウケホーダイ・スタンダードコースだと、講義の音声&スライドをダウンロードできるため、解約後も視聴することができます。


オンスク契約後、2ヶ月以内に解約すれば、テキストを購入するより安く勉強できたことになるので、2ヶ月でオンスクを使い倒すように勉強スケジュールを意識することで少ない出費で勉強を終わらせることができます。

オンスク公式サイト




2.テキストを使ってFP2級に合格する勉強法

オーソドックスにテキストを購入してFP2級に合格する方法です。

オンスクでの勉強方法より出費はかかりますが、紙での勉強が好きな人や、長時間かけて勉強をしたい人に向いています。

筆者はFP2級はオンスクで合格していますが、FP3級はこの方法で受かっています。



以下について詳しく解説していきます。

  • おすすめテキスト・みんなが欲しかった!シリーズ
  • テキスト&過去問を使った勉強手順

おすすめテキスト・みんなが欲しかった!シリーズ

FP3級のおすすめテキストはみんなが欲しかった!シリーズです。

みんなが欲しかった!シリーズは実技の問題も網羅されているので、4,070円で教科書と問題集がそろいます。

綺麗で見やすく、分かりやすい解説が特徴で、FP3級のテキストの中で売上No.1です。

楽天やAmazonの評価も高いです。


教科書を楽天市場でみる

問題集をAmazonでみる



テキスト&過去問を使った勉強手順

テキストを使った勉強手順&時間配分として以下をおすすめします。

FP3級を受けたことがある人は、3級と比べて3倍の勉強時間がかかると考えてください。

ポイント

  1. 教科書を読む:2時間
  2. 学科の問題を解く:50時間
  3. 学科の過去問を解く:40時間
  4. 実技の問題を解く10時間
  5. 実技の問題を解く:20時間


教科書を読む 2時間

まずは教科書を一通り読みます。細かく読むのでなく、1~3時間で流して読みます。

教科書の中にはたくさん数字がマーカーが引かれて出てきますが、全く覚えようとしなくて問題ありません。

なぜなら、実際に出題される数字は偏りがあり、マーカーされているもの全てが頻出するわけでないからです

教科書を読み終えたときに、出題される制度についてなんとなく頭にインプットできていればばっちりです。


学科の問題集を解く 50時間

問題集を3周解きます。

FP2級はFP3級と違ってひっかけ問題が出題されます。

問題文の雰囲気を覚えるだけでは合格できないので、なんとなくで解かないように注意してください。

解けなかった問題は正しい内容を文書で丸暗記するようにしてください。

問題集の解説を読んでわからないところは、教科書に戻って理解を深めると覚えやすいです。


学科の過去問を解く40時間

過去問を最低7回分解きます。

問題集を3周解いていても、過去問を4割程度解けるレベルだと思います。

公式HPから印刷した過去問は解説がないのですが、わからない問題は「FP2級ドットコム」さん のサイトで確認すれば解説を見ることができます。


実技の問題集を解く 10時間

問題集に戻って実技の問題を3周解いてください。

問題バターンが少なく問題数も少ないので、数時間で解き終わります。


実技の過去問を解く 20時間

最後に実技の過去問を7回分解いてください。

まとめ

筆者がおすすめするFP2級の独学の勉強法を紹介しました。

オンスク&過去問を使った勉強法が一番おすすめです。

FP2級は生きる上で役に立ちそうな雑学が身につきます。

また、難易度も高く知名度が高いので就活や転職に有利になります。

受験を迷っている人はぜひ挑戦してみてください。

応援しています!

オンスク公式サイト



あわせて読みたい
FP電卓
FPに使える電卓おすすめ2選&使える電卓テク【安い電卓でOK】

悩む人FPの試験に使える電卓ってどれ? FPの受験には電卓の用意が必須です。 人生で電卓を購入する機会はあまり訪れないので、どんなものを購入すればいいのか悩みますよね。 FP2級を保有している筆者が、 ...

続きを見る

あわせて読みたい
fp2講座
FP2級の安い講座を徹底比較!980円~・価格、講義スタイルなど

FP2級は自分のためになるお金についての必要な知識が学べて、毎年20万人が受験している有名な資格です。 社会人として持っておきたい資格の1つですが、出題範囲が広く、ひっかけ問題も多いので、独学で勉強す ...

続きを見る

ブログランキング・にほんブログ村へ

-FP, 個別資格
-, , ,